• K

おすすめの望遠レンズ

スポーツ観戦をしながら写真を撮る人も多いと思います。

身近なところでは運動会でしょうか。


スポーツ中に撮影する時は離れたところから撮影しますので、一眼レフカメラの望遠レンズを使用する人もいます。

発売中の『PHOTOSAI』Vol.33では、レンズ・アクセサリーのレビューを執筆中の齋藤千歳さんが、最新技術を使ったお勧めの望遠レンズ2本を紹介しています。


遠くから動く被写体の撮影をする時、ピント合わせが大変だったり、重くて大きな望遠レンズで手振れがおきることが心配です。

しかし齋藤さんによると、紹介した2本のレンズではこれらは解決できるのだそうです。


齋藤さんは北海道に居住していて、日ごろから動く野生動物を撮影することが多いのですが、「瞳AF」と「クロップ」、「手ぶれ補正」「高ISO感度」で楽々に撮影できているといいます。


「瞳AF」は野生動物を撮るとき、画面内の瞳を自動で検出してピントを合わせてくれます。むしろ瞳のない被写体の方がピント位置を指定しなくてはいけないので面倒に感じるほどだそうです。


また、「手ぶれ補正」で重くて大きな望遠レンズでも手ぶれはしないですし、最近では高ISO感度でも問題は解決できるので、高価な明るいレンズを用意しなくても大丈夫のようです。昔のように「ISO100でないと」ということはなくなってきているのですね。


『PHOTOSAI』Vol.33には、齋藤さんが撮影した可愛いエゾリスの作例も掲載しています。


『PHOTOSAI』についてはこちらをご覧ください。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示