• K

プリントして楽しむ

更新日:2021年7月14日

先日はSNS活用をおすすめしましたが、同時にプリントすると写真の楽しみがもっと広がります。


写真家の熊谷正さんは、認知症予防のための写真講座を開催した際に、講座で撮影した写真をプリントして発表する機会を設けました。

そうすることで、お互いの感性を知ること、それぞれの感性を応援することができ、参加者同士のコミュニケーションに役立ったといいます。

(『PHOTOSAI』Vol.30 写真家インタビューより)


『PHOTOSAI』でレンズ・アクセサリーの紹介記事を連載中の齋藤千歳さんは、プロの写真家やハイアマチュアは、「レンズの開放絞り時の解像力低下や画面周辺描写あまさ、周辺部やぼけへの本来ないはずの色付き」にこだわるといいます。

それは、ここいちばんという個展や展示会では、プリントのサイズは本人の実力に合わせて大きくなる傾向にあるからです。

そのため、撮影時から大判プリントに適したレンズを選択するのだそうです。

(『PHOTOSAI』Vol.29 「85mm ポートレートレンズにみる価格の違いの一例」より)


また齋藤さんは、家族や友人などと旅行した時の記念写真は、コンビニやスーパーなどのL版プリントでもよいのでプリントすることを勧めています。

「母にプレゼントしたら自宅に何枚も飾ってくれた」ということも多く、撮影が楽しくなったそうです。

(『PHOTOSAI』Vol.25 写真家インタビューより)


写真のプリントは店頭でのプリントだけでなく、ネットプリントなどもあります。

プリンターを持っていれば自分で好きな時にプリントできますね。

また、自宅に飾るときはフォトフレームで飾ると華やかになります。


Art Tree ONLINE SHOPではフォトフレームが購入できます。



★このブログの読者の方限定

フォトフレーム10%OFF!

<クーポンコード:0590304> 

2021年5月31日まで。期間中何回でも使用できます。


【Art Tree ONLINE SHOP フォトフレーム】

SHOP カタログ フォトフレーム | arttreepublishing

*カート画面の「クーポンコード」に<0590304>を入力すると10%OFFになります。


プリントすると写真がもっと楽しくなります。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示