PHOTOSAIに投稿すると

ポイントがたまる!

●PSポイント倶楽部>>

​PHOTOSAI

ダイジェスト版

​を見る>>

撮るだけの人ではない

等身大の写真家になる

投稿できる写真雑誌​『PHOTOSAI』

「富士山の美しい写真集や京都の綺麗な写真集は沢山売られているのに、埼玉の美しい写真集はなぜないのだろう?」という一つの疑問が、写真雑誌『PHOTOSAI』の原点です。

 

『PHOTOSAI』とは、【PHOTO=写真】と【SAI=埼玉の頭文字】を組み合わせた造語です。現在は埼玉だけではなく、日本全国の写真文化を紹介する写真雑誌となり、【SAI=彩】を意味するようになりました。2013年創刊当時からの写真愛好家が投稿できる写真雑誌というコンセプトはそのままに、現在は毎号テーマに合わせて写真愛好家の写真作品を掲載しています。

 

『PHOTOSAI』に写真作品を掲載することで、撮るだけの人ではなく「等身大の写真家」になれるのです。

 

『PHOTOSAI』は写真愛好家の投稿写真だけでなく、プロの写真家へのインタビュー記事、各地の写真やアートについての情報を掲載しています。写真を撮る人がステップアップするためのきっかけや、写真を通して地域に親しむことができる写真雑誌、それが『PHOTOSAI』です。

Show More

​写真雑誌 PHOTOSAI(ふぉとさい)

Vol.28​

2020年3月27日発行

CONTENTS

◆ネイチャーフォトエッセイ①

水滴・行間に現れる時間 いがりまさしさん

◆写真家インタビュー 

世界に伝える日本の形式美 瀬尾浩司さん

◆アイドル 咲野りりさんが撮る!

さっぽろ雪まつり

◆咲野りりフォトライブラリー

◆写真愛好家作品集!

・「今年のテーマを決めました」Series3<2作目>他。

◆各地の写真コンテスト受賞作品

◆EXHIBITION

​◆齋藤千歳の「物欲お化け」第1話

まったく相容れない対極的な50mm単焦点の魅力 

 

・・他。

PHOTOSAIVol.28表紙

〜写真家の一言〜

どのメーカーのカメラも合焦が速いですし、連写や処理速度が速く、シャッターチャンスも逃さない、露出も間違えない。極端な話、自分ミスはほとんどカメラがカバーしてくれる感じを受けます。それはそれで大事だと思いますが、どこか「カメラに撮ってもらっている感」が強い。個人的には「自分が」撮っている感覚が欲しいのです。(『PHOTOSAI』Vol.27 写真家 丸山正志さん インタビューより) 購入する>>

私たちの生活に近しいテーマで「ゆるりとしたほのぼの感」が心地よいです。写真を見る側としては「撮影者の意図を見る目」を養え、写真を撮る側としては「被写体そのものを見る目」を養える、そんな写真誌です。

写真を見る目が養えます

埼玉県 男性 自営業

写真とそれに添えられた文章。穏やかで安らぎに満ちた気持ちになります。

安らぎに満ちています

埼玉県 女性 主婦

『ふぉとさい』vol18の、写真家中道順詩さんへのインタビュー記事がよかったです。カメラ初心者へのアドバイスがとても参考になりました。実践していきたいです。

写真家へのインタビュー記事が参考に

神奈川県 男性 会社員

Please reload

とても見やすい写真誌です。写真を撮る人の専門的な話が掲載されているので、写真を撮らない人には少し難しいかもしれません。

専門的な話が掲載

神奈川県 男性 会社役員

​デザインの仕事をしてます。『ふぉとさい』掲載の写真は綺麗なので、デザインのヒントにしています。芸術活動をしている友人にも『ふぉとさい』のことを教えてあげました。猫を飼っていて好きなので、vol02が好きです。

デザインのヒントに

神奈川県 女性 デザイナー

​職場の机に『ふぉとさい』を置いています。通勤時間中や休憩時間にパラパラめくって一息入れています。写真を観るとほっとします。

仕事の合間に

神奈川県 男性 会社員

Please reload

​株式会社アートツリー出版社 ​お問い合わせ | info@arttree.co.jp | 03-6323-2193

■会社概要 ■代表挨拶 ■FAQ ■プライバシーポリシー ■広告掲載について

© 2016-2020 Art Tree Publishing Co.Ltd All Right Reserved  ホームページの無断転載・無断引用を禁止します。