「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」

【会期】開催中 11月17日(日)まで

【会場】森アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ森タワー52階)

 

1980年代、ニューヨークのアートシーンで旋風を巻き起こしたジャン=ミシェル・バスキア。ラジカルな発想で若いころから活躍し、公的な空間で落書きを始め、1980年代のニューヨークのクラブやアートイベントでは必ずといってもいいほど彼の存在があった。

 

1982年に日本に初めて訪れ、日本の経済、イノベーションに魅了されたという。彼の残した作品には、絵画の中に「YEN」と書かれたものなど、文字が描かれたものが多い。ソニーのウォークマンなど当時の日本の最先端の技術が表現されていると見られる作品もある。また、バスキアは日本の漫画にも興味を持っていたようだ。

ジャン=ミシェル・バスキア

Onion Gum, 1983

Courtesy Van de Weghe Fine Art, New York

Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.

Licensed by Artestar, New York

 

日本も早くからバスキアの作品に理解があり、バスキアの作品が今ほど高騰する前に高知県立美術館など公立の美術館が所蔵している。

ジャン=ミシェル・バスキア

Fooey, 1982

The Museum of Art, Kochi

Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.

Licensed by Artestar, New York

展覧会の音声ガイドは、女優の吉岡里帆さん。

(2019年5月「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」記者発表にて)

また、展覧会会場と同フロアの「Cafe THE SUN」が期間限定でバスキアが生まれ育ったニューヨークをイメージしたメニューを11月17日まで提供している。バスキア展とのコラボドリンクである王冠をモチーフにした5種類のカラフルなラテも登場。

「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」

【会期】開催中 11月17日(日)まで

【開館時間】 10時-20時

 *10月21日(月)は17時閉館。*入場は閉館の30分前

【会場】森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52階(東京都港区六本木 6 -10-1) TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

【入館料】一般2100円。高校・大学生 1600円。小・中学生1100円。団体料金有り。未就学児無料。

【巡回情報】巡回なし

【主催】フジテレビジョン、森アーツセンター

【特別協賛】株式会社ZOZO

【協賛】損保ジャパン日本興亜

【後援】アメリカ大使館、ニューヨーク市観光局、WOWOW 、J-WAVE

【キュレーター】ディーター・ブッフハート

【アソシエイト・キュレーター】アナ・カリーナ・ホフバウアー、小野田裕子

【日本側監修】宮下規久朗(神戸大学教授/美術史家)

【展覧会公式サイト】www.basquiat.tokyo

アートツリー出版社の『PHOTOSAI』は写真愛好家の投稿写真だけでなく、プロの写真家へのインタビュー記事、各地の写真やアートについての情報を掲載しています。写真を撮る人がステップアップするためのきっかけや、写真を通して地域に親しむことができる写真雑誌、それが『PHOTOSAI』です。

『PHOTOSAI』に写真作品を掲載することで、撮るだけの人ではなく「等身大の写真家」へ。

販売店はこちらです>>

​株式会社アートツリー出版社 ​お問い合わせ | info@arttree.co.jp | 03-6323-2193

■会社概要 ■代表挨拶 ■FAQ ■プライバシーポリシー ■広告掲載について

© 2016-2019 Art Tree Publishing Co.Ltd All Right Reserved  ホームページの無断転載・無断引用を禁止します。